リスニング向上のためのオススメ英会話教材ランキング

リスニング上達には段階がある

 英語のリスニングも、スポーツと一緒で段階を経て上達していきます。例えば、全くの初心者のうちは、知らないことが多いこともあって、上達のスピードも速いですが、ステージが上がるにつれて、その上達のスピードは遅くなっていきます。

 

 このページでは、ステージごとの勉強法と注意点について説明していきたいと思います。

 

【能力向上期】

 

 海外旅行に行っても、ほとんど英語を聞き取れない、読むと理解は出来るが、聴いても何のことかわからないという人たちのレベルです。こういう方たちは、まだまだ基礎が固まっていない状態ですので、知れば知るほど能力の伸びを実感して、一番学習が楽しい時期です。このような時期に苦行のような勉強法を自分に課しても、かえって挫折する原因になるので、「自分が楽しめる教材」を使い続けることを念頭に、学習を継続していくことが一番です。

 

【停滞期】

 

 能力向上記の状態を約半年(1000時間程度)続けると、能力向上を実感できなくなります。所謂「停滞期」です。この時期になると、楽しい教材一辺倒では、能力の伸びを実感する事はきつくなります。むしろ、弱点補強のため、あえて「楽しめないが実践的」な教材・勉強を検討するのもアリでしょう。

 

 実際、順調にリスニング力が向上し続ける人はあまりいません。単語が理解できない、前置詞や冠詞が聞き取れない、話されている話題についての背景知識がない、といった弱点がクローズアップされはじめ、ある一時点を境に伸びが無くなるのです。

 

 またこの頃になると、なんとか英語でコミュニケーションがとれるようになり、絶対に英語をものにしよう、という必死さがなくなってきます。それも停滞の一因と言えるかも知れません。

停滞期の脱出法

【方法1: ディクテーション、シャドーイング】

 

 まず、能力停滞の原因をはっきりさせるため、ディクテーション、シャドーイングを実践してみましょう。これによって、自分に聞き取れていなかった音がはっきりして、正確さが増します。私も、ディクテーションははあまり好きではないのですが、英語を正確に理解する為に一定期間は時間を割いてみましょう。

 

【方法2:量を優先する】

 

 ある程度、ディクテーションのトレーニングを積んだら、その後はひたすら量を優先しましょう。ひたすら英語を聞き続けてください。理論に裏打ちされた実践は継続すればするほど、リスニングの力は伸び続けていきます。そして、100%正確に理解することは必ずしも必要ではありません。

 

 また、英語を聞く時は基本的に1度だけで十分です。1度しか聞かないと決めておけば、繰り返す必要がないので量を確保できますし、1度しか聞かないと決めておけば、真剣に英語の音に耳を傾けるからです。

 

 正確さを求めすぎず、たくさん聞くことを第1の目標としてください。そうすれば、少なくともリスニングに関しては、海外で生活するのと同じような効果を得ることができます。