リスニング向上のためのオススメ英会話教材ランキング

「精聴」と「多聴」とは?

リスニングの勉強法として、「精聴」と「多聴」を組み合わせるという方法があります。これは ヒアリングマラソンにも取り入れられている学習法で非常に効果がある方法です。

 

精聴は、「英語をしっかりと聞き取ろうとして、何回も聞」くという学習方法。
多聴とは、「英語を大量に聴き、細かいところまでは気にしない」という学習方法です。

 

ここで注意するポイントは、英語学習の初心者の方は、精聴を先に行うべきだということです。初心者の方がいきなり多聴を行っても、英語の意味が全くわからないので、それは雑音を聞き流しているのと同じことになります。雑音をたくさん聞いていても、リスニング力というのはアップしません。

 

逆に上級者の方は多聴を多めに行うと良いでしょう。なぜなら、このレベルにある方は、精聴をメインに行うと、だれてしまい、学習効果が低下するからです。積極的に英語に触れる時間を増やし、ネイティブのナチュラルスピードにできるだけ近づくようにしましょう。

リスニングができない原因と改善策

それから、自分がなぜリスニングができないのか?リスニング力がアップしてこないのか?という原因を自分でつきとめるということも大切です。リスニングが苦手な理由はひとそれぞれ違います。

 

ここでは、代表的なリスニングができないであろう原因と改善策を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

<原因その1>

 

・音の変化により聞き取れなくなる

 

音の変化の規則をしらないために、文字で読めば意味の分かる単語がききとれないという可能性があります。これのせいで聞き取れないという可能性があります。

 

改善策としては、この単語やこのフレーズはこういう変化をするのだということを知ることがあります

 

<原因その2>

 

・スピードについていけない

 

スピードについていけずに聞き取れないというのも原因でよくあります。これの改善策としては、いったんリスニング学習をやめてみると良いかもしれません。しかし、ただやめるだけでは意味がありません。リスニングではなくて、以下のことを実行してみてください。

 

<英単語を覚える>

 

分からない単語が多いと、やはり理解するスピードが遅くなります。そしてそれがスピードについていけない原因となります。ですので、単語力を強化すればリスニングのスピードにもついていけるようになる可能性があります

 

<リーディング練習を行う>

 

リーディングの練習をして、リーディングスピードをアップさせます。リーディングで英文を理解するスピードをアップさせれば自然とリスニングの理解スピードのアップにもつながります。このリーディングの勉強をするときは、語順通りに理解することが大切です。

 

<もともと読んでもわからない英文である時は…>

 

読んでもわからない英文は、聞いても分かるはずがありません。この場合は、語彙力・リーディング力・文法力をつけて、読んで分かるようなレベルまで英語力をアップするしかないでしょう。