リスニング向上のためのオススメ英会話教材ランキング

言葉は理解しないと聞こえない

ところで、あなたが音をうまく処理できても、文章の意味が理解出来なかったとしましょう。

 

この場合、瞬間的に聞きとって記憶した文章を、瞬間的に意味解析できないという状況に陥ります。

 

すると、「この文章の意味なんだっけな?」とまごついている内に、次の音を聞き洩らしてしまうのです。

 

この状態がいわゆる「相手の言っていることが理解出来ない」という状況です。

 

つまり、文章の意味をじっくり考えている時には、それしか処理ができないのです。ですから、瞬間的に文章の意味を把握できない場合は、ほぼ確実に次の音を聞き洩らします。

 

そして、英語の文章を理解する能力が不十分だから英語のリスニングについていけないという理由が、実はリスニングができない大きな理由の一つなのです。

だから英語が理解出来ない

私は、英語の音を確実にとらえられるようになれば、英語を簡単にテレビから学習できるようになるし、会話だって不自由なくこなせると思っていました。そして、私は一時期ひたすら「英語耳」のトレーニングを行いました。

 

しかし、それでも、聞こえないセンテンスがたくさんありました。

 

実は根本的な原因は、英語自体の理解力が不足していたことにありました。そこで、今度はリスニングトレーニングではなく、英語の文章を理解するための学習をひたすらやりました。

 

すると、特にリスニングのトレーニングを行っていないのに、以前よりもはるかに英語が聞きとりやすくなったのです。

 

ここまで解説してきたように、英語のリスニングを上達させるのに最も大事なことは、英語の文章の理解力をあげることなのです。

 

「何を当たり前のことを!」と思うかもしれませんが、おそらく、リスニングができない人の半分以上はここに原因があると思います。極論すると、TOEICなどのリスニングテストレベル、9割以上は英語の理解力だけで解決するでしょう。

 

心当たりのある方は、まず「英語の理解力を上げる」ことを念頭に置いてみてください。