リスニング向上のためのオススメ英会話教材ランキング

意味の理解をせずに、リスニング向上はあり得ない

実は、洋画や海外ドラマなどのネイティヴスピードを除けば、多くの日本人がかなり英語の発音を聞きとることができています。

 

雑音から音を聞き分けて、それぞれの音がどのような単語や文の塊なのかを認識する事を「音声知覚」といいます。

 

リスニングの音声が聞き取れないというのは、「音声知覚」は出来ているのに、意味の把握ができないために、聞きとりが不十分になってしまうというケースが多いのです。例えば、電話をかけている場面を想像してください。日本語であれば、周りが多少騒がしくても、何とか聞き取れます。これは、相手の話していることが「何となくわかる」ため、音が途切れている箇所は、脳内でつなぎ合わせているからです。

 

しかし、英語に関しては、そのレベルまで達していないため、ちょっとの雑音で聞き取れなかったりします。これは、相手の話していることの理解が十分でないため、「音声知覚」が十分に働いていないのです。

 

とにかく、ヒアリングが苦手という人は、実は「意味の把握」が不十分であることが原因であることも多いのです。ヒアリングでは、リーディングのように何度も繰り返し読むことはできませんし、自分でスピードのコントロールも出来ません。つまり、相手がしゃべるスピードに合わせて、安定的なスピードで意味の処理ができなければ、途中で意味がわからなくなり、その意味解析をじっくり考えている間に次の音を拾うのが間に合わないとなってしまうのです。

 

もし、あなたが、TOEICのリーディング問題のセンテンスを、日本語を読むのと同じレベルで声を出して読みながら意味を完全に把握できているとしたら、リスニングの量稽古をひたすらやることをお勧めします。

 

しかし、もし、文章を読んで意味を理解できないのだとすれば、それは意味理解の方に問題があります。まずはそこから改善すべきでしょう。意味理解が改善されないまま、ヒアリングの訓練ばかりやっていても、まさに「ざるで水をすくう」ようなものです。

 

英語の意味理解を改善をするだけで、驚くほどリスニングの成績は上がります。回り道のように思えるかもしれませんが、最初はご自身の意味理解の能力をチェックするところから始めてみてください。