リスニング向上のためのオススメ英会話教材ランキング

英語のリスニング能力を伸ばすには?

英語のリスニングを伸ばすには、適切な教材をきちんと使うことが大事です。

 

例えば、こちらの英語リスニング教材ランキングのサイトに掲載されているようなものをきちんと使い切ることです。

 

リスニングを得意にするには、まず「英語耳」を作ることです。

 

というのは、英語と日本語は聞こえ方が違うのです。

 

ですから、その音の違いをとらえるのが先決。

 

たくさんの英語を聞くのはその後です。

 

きちんと精聴ができてから、はじめて多聴の意味が出てきます。

 

量稽古が全て解決するというのは大間違いです。

どのような教材が良いのか?

では、具体的にどの教材が良いのかという話になるのですが、

 

これは自分に合う者を選びましょうとしか言えません。

 

ただ、あえてここでオススメを言及するのであれば、「リスニングパワー」がオススメです。

 

この教材は、英語と日本との周波数帯の違いに着目し、英語耳を獲得するためのプログラムが満載されています。

 

この教材を使って、英語の音になれましょう。

 

その後、ボキャブラリーを増やしたら鬼に金棒です。

 

あ、もちろん英文法もきちんと勉強しないと駄目ですよ。

 

もし、英文法がまだまだ理解不足であれば、リスニングより先にそちらを勉強しましょう。

 

というのは、音をキャッチしても、文法がきちんと理解出来ていないと、頭の中で意味をなさないからです。

リスニングと同時に大事なポイント

先ほど上げたとおり、英文法はリスニングを勉強する以前に大事です。

 

と言うのは、聞こえてきた音を頭の中で意味をなすためには、その音をきちんと体系づけてつなげる事が必要だからです。

 

そのために英文法の知識が必要と言うことです。

 

もちろん、大学受験で出てくるような難解な文法知識は必要有りません。

 

あのレベルに行くと、少しマニアックすぎます。

 

本当に中学生から高校レベルの文法知識で十分なのです。

 

ですから、「頭の中で意味が繋がらないよ」という人は、英文法の勉強を先に行いましょう。