リスニング向上のためのオススメ英会話教材ランキング

英語リスニングに必要なこととは?

英語の意味をいかに素早く正確に把握するためには、英語の処理能力を高めて無意識の層まで落とし込むことが必要です。

 

「自分ができているかどうか」を判定する目安としては、

 

・かえり読みをしなくても英文の意味を把握できる。

 

・文法構造を意識しなくても、相手の言っていることを理解することができる。

 

・英語の読解のスピードが日本語とあまり変わらない。

 

などが、自動化ができているかの目安になると思います。また、スムーズにシャドーイングができるということも、1つの目安になるかと思います。

 

もし、あなたがここまで出来ていて、それでもリスニングが思うようにできないというのであれば、それは英語を「理解する」ほうではなく、「聞きとり」に問題があるということです。

 

それを解決するためには、いくつかのポイントがあります。

 

英語と日本語は音の体系が大きく異なりますので、それを埋めるためのトレーニングが必要になってきます。

 

ネイティブのナチュラルな英語をきちんと聞きこなすようになるには、意味理解を完璧にすることに加え、ある程度の音の訓練も必要になってくるのです。

英語と日本語は発音が全然違う!?

英語の1つ1つの音と日本語の音はほとんどが大きく違います。しかし、日本人は英語をカタカナ読みするクセがついてしまっているため、本来の音と大きく外れたまま、その意味を理解してしまいます。

 

このようなことは、実はほとんどすべての英単語に言えます。

 

つまり、英語が聞こえない原因の大きな理由の1つに、日本語流の音で英語の音を無理やり処理しようとしているせいで、英語の音が聞こえないということが大きな原因なのです。

 

英語の発音というと、多くの人はLとRの聞き分けのように思うかもしれませんが、実はそれだけではなく、ンとnの音は全然違いますし、aの音も単純に「ア」とは表現できません。

 

ところが、この英語発音をしっかり学習していないと、各人が自分の中で勝手な音を作り上げてしまいます。

 

これではリスニングはできるようになりません。

 

だからこそ、英語リスニングで英語をしっかり聞きとるためにも、正しい英語発音というのを学ぶ必要があります。

 

これをやらなくても、実はあらゆる文章を聞きまくって、そのような文章から英語の音体系を頭の中に作り上げることも可能と言えば可能です。

 

しかし、それには多大な時間がかかりますし、発音を体系的に学んでしまったほうがはるかに楽でしょう。